梅毒を完治させるために|尿失禁は泌尿器科を受診しながら対策として体操やおむつを使用します
男性

尿失禁は泌尿器科を受診しながら対策として体操やおむつを使用します

梅毒を完治させるために

看護婦

全身に感染する性病で、梅毒があります。梅毒とは、梅毒トレポネーマといわれる細菌で、感染力の高い性病です。小さな傷口や粘膜から感染する性病で、性行為などによって感染します。梅毒の症状として、性行為を行なって感染してから3週間ほど経つと体に小さなしこりができます。男性では亀頭や包皮内板などにこのしこりができます。女性では小陰唇や陰唇後連などに発生します。痛みはありませんが、中にはリンパ節に腫れを起こすこともあります。これらの症状が梅毒の初期症状といわれています。次に感染から3ヶ月ほど経つと、全身に赤い斑点のような丘疹ができます。この丘疹は、数週間から長くても1.2ヶ月ほどではなくなります。初期症状として現れるしこりは、痛みはないですが性器に違和感を感じます。梅毒はペニシリン薬が発見されるまでは、感染すると完治しない不治の病といわれていました。現在はペニシリン薬を使用することで梅毒を完治させることができるので、早めに泌尿器科を受診しましょう。梅毒の治療期間は、早期から治療を行なうことで一ヶ月ほどで完治することができます。梅毒は高確率で、パートナーも感染していることが考えられます。梅毒に感染している疑いがある場合は、パートナーも一緒に梅毒の検査と治療を受けることが大切です。梅毒の治療方法はSTS方と、PT抗体法といわれる二種類の方法で検査をします。それぞれ検査方法が違うので、医師の指示に従い梅毒検査を受けましょう。